パニック発作を解消させる対処法 パニック障害を改善させるために

とても重要です!パニック発作対処の基礎となる動作について。

更新日:

The following two tabs change content below.

パニック障害専門カウンセラー三木ヒロシ

パニック障害に特化したカウンセラー。これまで約2000人の方にパニック障害の完治、改善へのカウンセリングをおこない多くの人の支援をしている。カウンセリングの他に講座やセミナーも定期的に開催している。 >>詳しいプロフィールはこちらから

 

パニック障害専門カウンセラーの三木ヒロシです。

 

突然ですがあなたにひとつ質問があります。現在パニック発作の対処は的確にできていますか?それともできていないと感じるでしょうか?

パニック発作の対処というのはその名の通り、起きたパニック発作に対して解消させたり鎮めたりする方法のことです。

また、起きそうなパニック発作を起こさないように事前に察知して冷静に対処できることでもあります。

実はパニック発作を上手に解消させる、起こさないように鎮めさせていくには基礎となる動作があるんですね。

その基礎となる動作をしっかりと把握し身につけておくことで、ほとんどのパニック発作を抑え込むことができます。

ではいったい、パニック発作を抑え込む働きがある基礎となる動作とはどういうものなのでしょうか。

 

パニック発作には3つの種類があります

 

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

ということわざがあります。これは敵というものをしっかりと把握し手の内を知り、また自分のことをしっかりと理解し万事に備えておくことで例え100回闘ったとしても負けることはない、という意味です。

まずは発作対処の基礎に入る前に、敵であるパニック発作を知るため種類についてお話をしましょう。

パニック発作というのは、実は大きくわけて3つの種類があります。その3つとは、

 

・突然わけもなくパニック発作が起こるもの

・予期不安が頭から離れずそこからパニック発作につながるもの

・調子の悪さなどから自分を追い詰めてしまい段階を踏んでパニック発作が起こるもの

 

となっています。

多くの人はパニック発作が突然起こり身動きが取れなくなってしまうと感じますが、上記で述べたような予期不安などの前兆があってから起こるもの、自分で自分を追い詰めてしまい一歩ずつ段階を踏むように起こるものとあります。

このようにパニック発作の起こりかたにもその人によってのパターンがあり、そのパターンが自分のなかで発症へのステップになっていることは多々あります。

逆にいうとそのパターンを崩す、発症へのステップにつなげないことが非常に大切であり重要なポイントとなるんですね。

ではここからは簡単に上記であげた3つのパニック発作の種類について説明をしていきましょう。

 

・突然わけもなくパニック発作が起こるもの

 

これは多くの人が一番最初に経験するパニック発作の起こりかたであり、そのままこれがパターンとなってしまうこともあります。

何気なく歩いていたとき、何かをしていたとき、ボーっと空を眺めていたとき、夜眠っていたとき、リラックスしてテレビを観ていたときなど、突然パニック発作が起こるというものです。

どこのシチュエーションで起こるのか予想がつかず、不安定になってしまうことが多いパニック発作の起きかたでもあります。

 

・予期不安が頭から離れずそこからパニック発作につながるもの

 

予期不安からパニック発作につながってしまうことも多く、これも多くの人が悩んでいるパニック発作の起こりかたです。

予期不安というのは、

 

「パニック発作が起こってしまうのではないか?」

「もしいまパニック発作が起こってしまったらどうしよう・・・」

 

といった不安状態に陥り、パニック発作のことが頭から離れなくなってしまっている状態のことです。

人によっては予期不安のせいで常にオドオドビクビクするはめになり、こころと身体が休まる暇がほとんどない状態になります。

こころと身体が休まる暇が無いということは疲労が抜けず緊張も取れず、その状態によってパニック発作が起きやすくなってしまうという悪循環に陥る可能性が考えられるものです。

予期不安について、対処法に関することは下記の記事もあわせてお読みください。

たった3つのステップで予期不安をコントロールする対処法とは?

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 パニック障害専門カウンセラー三木ヒロシ パニック障害に特化したカウンセラー。これま ...

続きを見る

 

・調子の悪さなどから自分を追い詰めてしまい段階を踏んでパニック発作が起こるもの

 

人間はバイオリズムの生きものですので、身体の調子が良いときもあればイマイチ悪いときもあります。

調子が良い悪いというのを行ったり来たりしながら毎日が過ぎていくというのが当たり前のことなんですね。

ですが、パニック障害に陥ってしまうとある意味神経過敏になってしまいます。体調が悪いということが頭から離れなくなり余計な心配をし過ぎてしまい徐々に追い詰められパニック発作につながることがあります。

体調が悪かったり気分が優れないという事象からどんどんと不安が飛躍してしまい心配と不安が拡大されてしまうんですね。

 

パニック発作対処の基礎となる動作は難しくない

 

様々なパニック発作の対処には、基礎となるべく動作があります。ですがその動作自体はなにも難しいものではありません。

その基礎となる動作を前提としてあらゆる対処法を試し、自分にあったものを見つけるのが良いでしょう。

では、パニック発作の対処の基礎となる動作とはいったいどのようなものなのか?それは、

 

“意識をパニック発作からまったく違うところへ向けていく”

 

というものです。

パニック発作というものはひとつの大きな特徴があり、パニック発作に意識を向けてしまえば向けてしまうほどそれは大きく際限なく膨らむ感覚に陥ります。

ですが、意図して意識をパニック発作からまった違うところ、まったく別のところに向けていく努力をすることで発作はあなたにまとわりつくのを止めていきます。

パニック発作のことを意識すればするほどまとわりついてくるのですが、それを止める。いきなり止めるのは難しいかもしれませんが、止める努力をしていく。

発作に向かってしまいそうな意識をいかにまったく別のところに向けていくか?そうすることで気がつけばパニック発作自体は萎んでいきますので。

 

まとめ

 

今回お話した「意識を違うところへ向ける」という動作は、慣れればこれだけで立派なパニック発作の対処法になります。

自分自分、自分の内面に集中しない、意識を向けないよう外側へ向ける努力をしていくのは大きな武器となり、あなたを助けてくれるものになりますので。

ぜひ日ごろから意識を外側に向けるクセをつける、周りに意識を向けるようにしていく。パニック発作を起こさない、鎮めるための動作として覚えておいてくださいね。

 

パニック障害専門の心理療法で圧倒的な改善率を誇る

三木ヒロシの心理カウンセリング

パニック障害に特化した心理療法を用い、改善へのエッセンスを凝縮した【パニック障害改善専門】のカウンセリングを提供しています

・パニック障害改善にとことんこだわった心理療法
・徹底的なまでのパニック発作の対処法
・パニック障害が起こった原因や要因の明確化
・発作に怯えない日常を過ごすためのコツ
・乗り物恐怖を楽に克服するためのメソッド
・予期不安をうまく避けるテクニック
・美容院や歯医者などの苦手を解消させるノウハウ

などクライアントの状況や状態に応じパニック障害改善をうながす全メソッドをお伝えします。

-パニック発作を解消させる対処法, パニック障害を改善させるために
-, , , , , , ,

Copyright© パニック障害 徹底改善への教科書 , 2018 All Rights Reserved.