パニック障害を改善させるために

パニック障害の改善をピタっと止めてしまう感情とは?

投稿日:

The following two tabs change content below.

パニック障害専門カウンセラー三木ヒロシ

パニック障害に特化したカウンセラー。これまで約2000人の方にパニック障害の完治、改善へのカウンセリングをおこない多くの人の支援をしている。カウンセリングの他に講座やセミナーも定期的に開催している。 >>詳しいプロフィールはこちらから

 

 

パニック障害専門カウンセラーの三木ヒロシです。

 

人間は感情の生きものですので、日々常にいろいろな感情を感じています。

嬉しい、楽しい、気持ちが良い、などのポジティブな感情から怖い、不安、苦しい、ツラいなどのネガティブな感情まで、毎時間常に何かの感情を感じているんですね。

そんなとても身近な感情ですが、そのなかでもせっかくすすめているパニック障害の改善を止めてしまうものがあります。

順調に改善がすすんでいたにも関わらず、いきなりピタ!っと改善を止まってしまうのは正直かなりツラいし堪えますよね。

それはいったいどのような感情なのか?お伝えしながらその対処についてもお話していきましょう。

 

パニック障害の改善を止める感情はなにか?

 

いろいろな種類がある感情。そのなかでもパニック障害の改善を止めてしまう、できれば感じたくないもの。

それはいったいどのような感情でしょうか?種明かしをしますとその正体は、

 

“焦燥感”

 

という感情です。

焦燥感というのはいわゆる「焦り」というものですね。

焦りという感情は、実はなにをするにもやっかいなもので、空回りしたりうまくいくことを阻害したりします。

焦りという感情を感じれば感じるほどものごとはうまくいかず、その結果余計に焦りばかりが増え負のスパイラルに陥ってしまうんですね。

ではなぜ、焦りという感情がパニック障害の改善を阻害してしまうのでしょうか?

 

焦りという感情は思考を停止させる

 

焦燥感、焦りという感情は人間の思考を停止させてしまったり、頭を真っ白にしてしまうことがあります。

人間は焦りによって思考が停止すると混乱が起きます。どうすればいいのか?いったい何をやればいいのか?冷静さを欠いてしまい頭が真っ白になり、結果行動自体が止まってしまいます。

パニック障害は一歩一歩改善に向かってすすめていくものですので、行動が止まることはある意味致命的なんですね。

そうならないため、いかに「焦らないか」ということが重要であり、そのためになにをすべきか考えていかないといけません。

焦りという感情を感じないためにできること、実践すべきことを挙げていきましょう。

 

「焦り」を感じないようにするための考えかた

 

パニック障害の改善を止めてしまう「焦り」という感情。それを感じないようにするため、できることはなんでしょうか?

ここからは「焦り」を感じないようにするための考えかたや方法をお話していきましょう。

 

■「焦っても意味がない」と冷静に考える

 

パニック障害を改善させていくためにはカウンセリングを受けたり、自分で出来る適切な改善法をおこなったり、感情のコントロールを覚えたりと、様々な方法があります。

そして適切に改善に向けてすすんでいけば、個人差はありますが自ずと改善にすすんでいくものです。そこには焦る必要など一切ありません。

「私は一歩一歩確実に改善にすすんでいる。焦る必要などなにもない」

と冷静に考え腑に落としていくこと、改善にすすんでいることは間違いないとしっかりと感じることで、焦りの感情が沸き立つことはないでしょう。

 

■身体を動かして焦りを解消する

 

人は焦りを感じるとなにかソワソワしたりハラハラしたり落ち着かなくなり、ある意味ムダな動きをしてしまいやすいものです。

焦りという感情を抱くと落ち着くことが難しいため、身体はほぼ無意識で身体を動かすことを求めてくるんですね。

この方法はそれをうまく利用して、身体を動かすことで焦り自体を解消させてしまおうというものです。

身体を動かす方法とはいわゆる運動ですが、運動であえればなんでもかまいません。例えば、

 

・ウォーキングをする

・軽めのジョギングをする

・縄跳びをする

・腕立て伏せや腹筋などのトレーニングをする

 

など、有酸素運動から無酸素運動まで、とにかく身体を疲れさせ焦りが吹き飛んでいく位、身体を動かしてみるんですね。運動したあとのスッキリ感もプラスされるので、そこには焦りが入り込む余裕がありません。

運動を上手に取り入れていくのも良い方法です。

 

■呼吸法や瞑想を習慣にする

 

呼吸法や瞑想は気分を落ち着け、頭を冷静にし、こころを安定させる働きがあります。そういった呼吸法や瞑想を上手に日常に取り入れていき、焦りの感情を湧きあがらせない方法です。

呼吸法や瞑想はしっかりできるようになると、実はそれだけでパニック発作の対処にもなる優れたものなんですね。

呼吸法や息をコントロールしていくことでパニック発作を解消させていくものであり、瞑想は混乱やパニックに陥らないよう防ぐ効果があり、冷静さを身につけることができるものでもあります。

うまくできるようになるためには時間が少しかかるかもしれませんが、このふたつは身につけておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

 

「焦燥感」「焦り」という感情はパニック障害だけでなく、どのような場面においても冷静さを失わせ出来ることも出来ない状態にさせてしまうものです。

パニック障害で焦りを感じる人は多いもので、関連性が深いと言えるかもしれません。

上記でお話したことをぜひ実践し、パニック障害の改善を止めない、一歩ずつ確実に改善への階段をのぼっていきましょう。

 

 

パニック障害専門の心理療法で圧倒的な改善率を誇る

三木ヒロシの心理カウンセリング

パニック障害に特化した心理療法を用い、改善へのエッセンスを凝縮した【パニック障害改善専門】のカウンセリングを提供しています

・パニック障害改善にとことんこだわった心理療法
・徹底的なまでのパニック発作の対処法
・パニック障害が起こった原因や要因の明確化
・発作に怯えない日常を過ごすためのコツ
・乗り物恐怖を楽に克服するためのメソッド
・予期不安をうまく避けるテクニック
・美容院や歯医者などの苦手を解消させるノウハウ

などクライアントの状況や状態に応じパニック障害改善をうながす全メソッドをお伝えします。

-パニック障害を改善させるために
-, , , , , , ,

Copyright© パニック障害 徹底改善への教科書 , 2018 All Rights Reserved.